2016年 10月 の投稿一覧

住宅のリフォームにかかる費用

住宅の壁にヒビが入ったりとリフォームを検討している場合は、複数社の業者から話を聞くと参考になります。資料請求をしたりと情報を集めることも正しいです。視野を広げることで良心的な業者を見つけやすくなります。予算が少なければ、今すぐ修理する必要のある箇所のみリフォームを依頼することも可能です。壊れているなど日常生活に支障を来たしているなら、メンテナンスも欠かせなくなってきます。部分的な工事だと低費用で済ませることができるケースもあり得ます。また、三重県でリフォームを考えているところが多かったりと高額な費用がかかると判断されたら、新築で住宅を購入する選択肢もあります。身体の不自由な家族のために家のリフォームを希望している時は、新しく建て直すことも悪くないです。機能性も上がったりと暮らしやすい家を手に入れやすくなってくれます。予算が限られていても、住宅ローンを組んだりと解決する方法を探すことも好ましいです。

新築住宅購入における住宅ローン

夢のマイホーム購入では、頭金だけで家を購入できる人はまずいませんので、基本的にはどこかの金融機関から住宅ローンと言う形でお金を借り入れて、住宅ローンで借りたお金と頭金を出してマイホームを購入することになります。頭金をどれだけ用意することができるかによって、借り入れの金額も変わってきます。できるだけローンでは少ない借り入れ額にしておくことができれば、それだけ返済も楽になります。そしてどこの住宅ローンを選択するかについては、不動産屋さんに相談した方が良いでしょう。不動産屋さんは家に関する相談は何でも受けてくれますので、当然ローンについても色々と話を聞いてくれますし、色々と提案してくれます。新築の住宅であれば、それなりの金額を借りる必要がありますので真剣に考えていきます。そのためには、家の情報をたくさん持っている不動産屋さんがベストなパートナーとなります。特に金利面やサービス面を重視して借入先を検討していきます。

土地探しは家を建てる時の一番の基本です

結婚してしばらくしたらマイホームへの思いがじわじわ湧いてくるものです。家のイメージがはっきりしてるなら、注文住宅の方がより理想に近い家が建てられます。では、いったい何から始めたらいいのでしょうか。新築にはまず土地が必要ですね。土地の探し方には優先順位が重要です。これから子供を持つ予定なら、子育てしやすい環境であることは大きなポイントです。他にもスーパー、交通アクセス、病院なども生活の拠点には欠かせませんね。そのことを充分に踏まえた上で自分の足で探す、ネットで探す、不動産屋に頼む、ハウスメーカーに探してもらうなどがあります。ハウスメーカーに頼むのが一番手っ取り早いというのがありますが、探してきてもらった土地を購入した後、そのメーカーが出してくる家のプランが気に入らなかったり、資金計画にズレが出てきたりした場合は厄介ですよね。その段階で他で建てるとは、なかなか言えませんからね。やはり不動産屋に頼みながら、自分でもいろいろ探すというのがいいのではないでしょうか。そうすればハウスメーカーの相見積もりがいくらでもできるので、自分の納得のいくプランが実現できますよね。

土地選びに応じて建築コストが変わる事もあります

注文住宅で家を作りたいと言った時、既存の住宅の建て替えではなく、新しく土地を探して家を建築する場合には土地選びからのスタートになります。注文住宅の家づくりは自由な間取りを作れる、希望のデザインを持つ家を作れると言った魅力がありますが、土地の選び方に応じて建築コストが多く掛かる事もあります。例えば、奥まった場所に家を建築する土地には旗状土地と呼ばれているものがあり、接道幅が2メートルを超えている土地であれば旗状土地にも家を作ることが出来ます。しかし、接道幅が2メートルとなった場合、家の解体工事や建築工事を行う時の重機の搬入が難しくなった時は手作業での資材の搬入、廃棄物の搬出を行う事になるため、コストが多く掛かるケースもあります。また、道路よりも高い場所に在る土地に家を建築する場合も、重機の搬入が難しくなる場所では手作業で資材の搬入等を行う事になるため建築コストが高くなるケースもあるため、土地を探す時には不動産会社の担当者などに相談をしておくのがお勧めです。

土地に着目した家作り

土地の探し方を着目した三重県の新築住宅の購入計画を進めていくことが、中長期的な満足感を高める上で、とても大切な要素となってきます。周辺の環境と調和した外観の家を建てる場合や、生活上の利便性を向上させるためにも、十分な事前の検討を重ねる必要性があるのです。最寄駅までの距離が近いことは、土地の探し方を考える中で欠かせないポイントとなります。新築住宅を建てた後の通勤・通学を快適に行うには、駅までのアクセスが優れていることが重要です。また、周辺にコンビニエンスストアやスーパーマーケットがあることも評価ポイントとなります。病院や教育・文化施設等も含めて、総合的な利便性を備えているかどうかを見極めていくことになります。こうした情報については、地域内で信頼されている不動産業者から情報を提供してもらうことで、精度の高い計画・検討に繋げられます。自身のニーズに見合った条件の土地を見つけるためにも、このようなアプローチが肝心です。

建売住宅の良いところは仲間がいるところ?

建売住宅の良いところと言えば、いくつか並んで販売されている建売住宅の場合は、「同時期に入る人がいる」というところで、心強いものがあることがあげられることでしょうか。そしてまた、三重県の住宅見学会を訪れれば、「どのような人がその建売住宅に入るのか」といったことも、見ることができますからね。

「まるっきり知らない土地に家を建てて、そしていざ住んでみたらご近所さんがちょっと困ってしまうようなタイプの人だった…」というような事態を防ぐことだってできるわけですから。

そりゃあ建売住宅ではない「土地を買っての新築住宅建設」も、ある程度ご近所関係は不動産屋さんから探れるでしょう。ですから、困ったご近所さんがいればその土地を購入しないことでご近所トラブルは防げます。けれども、これを何度か繰り返すこととなったら、早く決まらないいら立ちはストレスともなりますからね。

そこで建売住宅における「同時期に何家庭かで一緒に生活をスタートさせる」という点が強みに感じたりもするわけです。建売住宅も新築住宅もどちらにするかは、結局は各家庭の考え方によるところが大きいでしょう。しかし、何かとネガティブなことを言われる建売住宅ですが、上記であげた点は実はなかなかのメリットですから。

住宅ローン変動金利2度目の金利交渉

数年前に三重県の工務店で新築、住宅ローンを組んでからずっと変動金利でやってきましたが常に不安が付いて回ります。最近は、金利もどんどん下がり過去最高に下がっている状態になっていますので少しは、大丈夫かなと思っていますが、子供たちが学校に行きお金が一番かかる年代に住宅ローンが変化するのが一番の恐怖ではあるのでいずれ固定にするのも候補には入れています。

家計に余裕があり、急上昇した時に一気に繰り上げ返済が出来るような家計ならこのまま変動で突っ走るのもいいかもしれませんが、このあたりは夫婦の間で意見が分かれています。私は、やはりそろそろ固定にしたいのですが、夫の方はまだ変動で行けると言っています。

過去にも夫の言葉通り変動は上がらずにいるのですが、我が家は一度変動金利の見直しをしてもらい優遇金利を下げてもらっています。ここ最近更に金利が下がってきたので、再度夫にお願いしてもらえるように依頼しました。夫は、何やら他行との比較表などを作ってくれて銀行に交渉してくれました。

すると、前回マイナス0.1%だったところをそこから更にマイナス0.15%下げられる可能性を言われました。これは、有り難いと少し待っていると連絡が来て金利を下げてもらえる事になりました。やはり、こちらから言わないと勿論下げてもらえないのでダメもとでも言ってみるのは大切だと思いました。

いい家の条件「素材」

新築物件を購入する場合、注文住宅を選ぶと、自分で好きなように家のデザインをすることができます。この時には、しっかりと将来のことを見据えてデザインする必要があります。その理由は、家は一度建ててしまうと大規模な回収を頻繁に行うことは難しいからです。もちろん、お金があり、自由に家をいじることができるのであればその限りではありません。しかし、多くの人にとっては、家の購入は一生に一度の経験になります。そのため、一度でしっかりといい家を購入する必要があります。
そして、いい家の条件は素材にあると考えることができます。素材が良くなければ、建物が長持ちはしません。一生同じ家に住んでいきたいのであれば、しっかりとした素材の建物を検討すべきです。また、素材が良いと、空間が上品になって、リラックスできる空間に仕上がります。仕事が終わってからゆっくりする場であるため、できれば内装の素材にもこだわりを持っておきたいところです。
ただ、素材といっても、素人の人にはどのような素材を選ぶべきかわからないでしょう。そのため、設計をする時に不動産会社の方とよく打ち合わせをして、アドバイスを求めるのが適切です。例えば、どんな素材があるのか、費用はどれくらいか、それぞれどのようなメリットがあるのか、逆にデメリットは何かなど、事前に検討するためにしっかりと質問をしてください。不動産会社にはパンフレットがあり、それぞれの特徴などを解説しています。それを相談してもらいながら眺めることで、素人の方でも具体的なイメージを持つことが可能となります。
また、モデルルームを見学するのも、いい家の素材を知るためには良いことです。なぜなら、実際に現物を目にすることができるため、イメージがつかみやすくなるからです。そして、実際に触ってみるなど、質感を体験することが可能となります。したがって、いい家を建てるためには、よく観察して、自分の家づくりに生かしましょう。

いい家の条件「資金計画」

新築の建売住宅だともう全部込みの値段なので、資金計画は立てやすいですが、注文住宅の場合は少し注意が必要です。
注文住宅は、まず土地選び、その後三重県の工務店で建てる注文住宅の建築をお願いします。
土地から選ぶと、もともとそこに建物が建っていた所なら、上水道の管が通っていますが、畑や田んぼだった所には新たに水道の管を通さなければいけませんし、引き込み料の他にメーター代もかかります。
また、下水道なのか、浄化槽なのか、地域によっては助成金が出る所もありますが、そうでなければ自分で費用を負担しなければいけません。
さらに間取りが決まると、建物の四隅と真ん中にくる所にドリルをいれて地盤調査をしますが、場合によっては地盤改良が必要になります。
地盤に関しては実際に調べてみないと分かりませんので、資金ぎりぎりではなく、地盤改良が必要になったときの余裕をもっておくとよいでしょう。
それを含め、自分の予算に合う土地、建物を探していきます。
建物も工務店によって金額が違いますので、希望の工務店がある方は、土地を探す前にあらかじめ希望のプランを伝え、だいたいいくらかかるのか把握しておくと良いでしょう。
工務店が決まっていない方は、土地が決まって自分の予算に合う工務店を探すのも良いでしょう。
また、カーテンレールや照明、物干しフック、アンテナなど、何がサービスで付くかもそれぞれ違いますので、打ち合わせの時に、事前に確認しておくと、後々のトラブル防止にもなりますし、資金計画も立てやすいです。
銀行に自分がいくらまで借り入れできるのか、月々いくらで抑えるにはいくらの借り入れになるのか相談すると、さらに計画が立てやすくなります。
不動産を通した方が手間が省けて楽ですが、気になること、心配なことは納得がいくまで聞くようにしましょう。
また、瑕疵保証や地盤保証など、アフターフォローをちゃんとしてくれるかどうか、詳細もきちんと把握しておくようにしましょう。

いい家の条件「建築家」

住宅を購入することは、多くの人にとって人生を左右する買い物であり、満足がいくことは人生の成功を意味すると言っても過言ではありません。中古住宅は築年数により、かなりお得に住宅を購入することができますが、既に他人が住んだ家ですし、可能であれば新築で家を建てたいものです。
新築住宅を購入する最大のメリットは、自分だけの一軒を建築できることです。坪単価の安いハウスメーカーは、1平方メートルあたり20万円ほどの安い資金で家を建てられることが魅力ですが、品質を保持するため、建材を大量に仕入れることでコストを下げている事情から、家を建てる人にデザインの選択肢が少ないという欠点があります。
注文住宅は個人の希望を細かく叶えることができます。また、大手のハウスメーカーではなく、建築士事務所などには腕利きの建築家が在籍し、細かなヒアリングを時間をかけて行うことでデザインや間取りに個性を出すことができます。建築士事務所のホームページには具体的な施工例が多く掲載されています。その中には単に壁紙やフローリングの色に特徴があるだけではなく、中庭があったり、太陽光を十分に利用した採光、和の雰囲気を大切にしたエクステリアなど、まさに自分だけの一軒といった住宅をたくさん見ることができます。細かな需要に対応する分、建築にかかる費用は高額になりがちですが、これから一生住む家ですので、納得できるデザインの家を建てることは結果として満足をもたらします。
また、注文住宅では家庭で使用するエネルギーについても相談できます。キッチンの装備によっては、オール電化の導入と太陽光発電を組み合わせることで毎月の光熱費を大幅にカットすることができます。導入する設備の規模によっては売電収入が出る可能性もあります。それが積み重なれば住宅の建築費用もある程度取り戻すことができるでしょう。新築での住宅購入を考えている方には、注文住宅がおすすめです。