耐震住宅について

注文住宅の耐震住宅を選ぶときは、敷地全体の施工にも注目しましょう。耐震住宅は新耐震基準をクリアしている住宅です。震度7の地震でも倒壊しません。倒壊はしませんが、歪みによる亀裂は心配です。コンクリート基礎と土台が壊れずに、柱と梁の構造体で支えられていれば、リフォーム工事は容易です。耐震住宅というと、建物の性能ばかりに注目しがちですが、建物はコンクリート基礎の上に施工されています。コンクリート基礎を支える強さが敷地全体に備わっていると、地震の揺れを制御しやすくなる場合があります。マイカー所有者ならば、敷地の広い範囲をガレージスペースとして舗装面に仕上げてもらうと良いでしょう。ガレージスペースのコンクリート舗装と、一戸建てのコンクリート舗装が連動すれば、一体化した強さを発揮できます。注文住宅は敷地に沈まないように地盤強化や土壌改善をしてから施工を開始します。敷地のコンクリート舗装面の下を、砕石を混ぜ合わせた地盤強化してもらえば、さらに耐震性能が向上しますし、排水性も向上します。

SNSでもご購読できます。