火災保険料が安くなる省令準耐火のメリット・デメリット

省令準耐火の注文住宅は、火災保険料が安くなるメリットがあります。
最大半額以上も安くすることができるので、その分建築予算にゆとりを持たせることができます。
また、単純に省令準耐火の注文住宅にしておけば、火災に対して強くすることが可能です。
隣家が火事になっても延焼を防止できたり、自宅から火が出た場合でも燃え広がりにくくなります。
火災保険料が安くなるメリットだけでなく、火災に強くなるのもメリットです。
しかし、省令準耐火の注文住宅にもデメリットはあり、そのひとつがデザインへの制限です。
省令準耐火の基準を満たすためにデザインの自由度が下がるのは、注文住宅にするメリットを消してしまうデメリットと言えるでしょう。
また、省令準耐火の基準をクリアするためには、建築費が高騰するデメリットがあります。
建築費が高騰してしまえば、火災保険料が安くなっても意味はありません。
火災保険料を抑えるために省令準耐火の注文住宅にするなら、費用を計算して比較しましょう。

SNSでもご購読できます。